未分類

子供の歯ブラシっていつから?正しい歯磨きの方法と歯ブラシの選び方

子供の歯ブラシっていつから?正しい歯磨きの方法と歯ブラシの選び方

生後半年の赤ちゃんの、下の前歯がちらっと見えるようすって可愛いですよね。でもここからママは大変ですよ!虫歯知らずの健康な歯を保つために、子供の歯ブラシに関して正しい知識を身につけておきましょうね。

 

とくに、歯の生え始めや生え変わりのタイミングは、歯がまだ弱かったり、磨き残しで虫歯になりやすいと言われていますよ。

 

今回は、子供の歯磨きはいつからどんなふうにしたらよいのかご紹介したいと思います。また、子供用歯ブラシの上手な選び方もぜひご参考下さいね。

 

子供の歯ブラシは乳歯が生え始める頃からスタート

子供の歯ブラシは、赤ちゃんの乳歯が生えたらスタートです。タイミングは生後半年前後ですが、個人差があります。上下の前歯が揃う1歳ごろまでは、綿100%のガーゼを使います。湿らせたガーゼを指に巻き付けて、歯の表と裏を丁寧に拭きとります。授乳と離乳の後、就寝する前にしっかり歯のお手入れをしましょう。

 

歯ブラシへ移行する時期は、2歳以降奥歯が生えてきたころ。まず安全に配慮されている歯ブラシをもたせてあげてみましょう。ただし、まだまだひとりでは十分に磨くことはできません。ママが仕上げ磨きをしてください。

 

また、5歳から6歳になると、乳歯から永久歯への生え変わりの時期をむかえます。生えてすぐの歯は、2年くらいはまだまだ弱く、虫歯になりやすいです。

 

また、六歯臼歯と呼ばれる上下左右もっとも奥に生える歯は、歯茎をゆっくり押し上げながら、約1年かけて生えてきます。歯茎に隠れた部分があったり、凹凸も多いので丁寧に歯磨きをします。歯医者さんでフッ素を塗布してもらうと虫歯予防に効果的です。

子供に歯ブラシをするときの正しい歯磨きの方法とは?

赤ちゃんや子供の歯磨きをするさいには、膝の上に頭を乗せて「寝かせ磨き」がおすすめです。子供が上唇の裏を触られるのを嫌がるのは、上唇小帯と呼ばれる、上の前歯に繋がるスジが原因です。その部分を避けるとよいですよ。

 

また、ブラシは、歯と歯茎の境目と、歯と歯の間、歯の溝、前歯の裏側にブラシを直角になるようにあてるのがコツです。これらの部分は、プラークと呼ばれる歯垢が溜まりやすく、虫歯の原因となる細菌のかたまりです。

 

仕上げ磨きのさいには、歯ブラシをえんぴつを持つように持ちます。1本から2本ずつ、毛先が5mm程度を目安に小刻みに優しく動かしましょう。虫歯になりやすい上下の奥歯から丁寧に始めます。また、歯間にうまくブラシが入らない場合には、子供用のデンタルフロスを使うとよいでしょう。

 

子供の歯ブラシを選ぶさいはここに注意して!

赤ちゃんにはまず歯ブラシに慣れてもらいましょう。柔らかいガーゼのほかにも、ママの指にはめて使用する「指ブラシ」もおすすめです。ブラッシングというよりは、シリコン製の柔らかい素材でマッサージができます。口に異物が入ることに違和感も少なくなります。

 

握ったりなんでも口にくわえたがる頃は、歯固めや乳歯用ブラシをもたせてみましょう。握る部分が輪っかになっていたり、滑り止めがついていたり、喉につかえないように安全プレートが付属しているものを選ぶとよいですね。

 

ブラシの部分は、毛先が丸く加工されていると、歯茎にあたっても子供は痛がりません。また、柔らかいシリコン素材のものも、肌の質と似ているので受け入れやすいでしょう。

 

また、イヤイヤ期の歯磨きはママにとって大変ですが、子供が好きなキャラクターやデザインの歯ブラシを選んでみてはいかがでしょうか。どうしても口を開けてくれない場合は、ほっぺを軽く押してみて下さい。頬のお肉が口に入って自然とあいている間に磨いてしまいます。

 

生え変わりの間は、フッ素配合の歯磨き粉と生え変わり期用の歯ブラシを選びましょう。乳歯と永久歯が混在して凸凹していても、しっかり毛先があたるように設計されています。ただし、9歳ごろまではママが仕上げ磨きをしてあげてくださいね。

まとめ

子供の乳歯の健康について、虫歯になったとしてもどうせ永久歯に生え変わるから、と安易に考えている保護者もいるかもしれません。でも、乳歯が虫歯になってしまうと、将来の歯並びに大きな影響があるんですよ。

 

最近では、子供の歯の矯正も珍しいことではなくなりましたが、永久歯を大切にするためにも、子供に正しい歯ブラシの知識や習慣を身に着けてほしいものです。

 

私たち親がするべきことは、子供の歯のケアを小さい頃から行うことです。じつは、子供の歯がすべて生え揃うのは14歳前後なのです。それまでの間のケアを怠ることなく、そして、子供も自分でちゃんと歯磨きができるように指導しましょう。