未分類

子どものころから英語教育が必要な理由

子どものころから英語教育が必要な理由

世界はどんどんグローバル化が進み、昔からは考えられないくらいの訪日外国人が訪れています。

日本の教育でも、将来の選択肢を広げるために英語と習得は非常に重要と考えられ、2020年から義務教育の小学校から英語は必修科目となりました。

しかし、英語教育は「早いうちが」肝心です。今回は英語教育が1日でも早く開始したほうが良い理由と、英語学習法もご紹介します。

小学生からの英語の授業からでは遅い?英語耳の問題

「英語耳」という言葉をご存じでしょうか。英語耳は、〝R〟と〝L〟の発音の違いや強いんで終わる単語の聞き分けと言った、日本語では馴染みのない音を聞き分ける耳の力のことを言います。

日本人の赤ちゃんでも、生まれた当時は全ての言語の聞き分けができると言われており、年齢が進み、日本語ばかり耳にしていると、聞き馴染みのある発音以外を聞き取る能力は低下していきます。

2020年から小学3年性から英語の必修化が始まっていますが、そのころには英語の発音の違いを聞き分けることができる「英語耳」の能力は赤ちゃんの頃よりも低下していっているのです。

子どもの英語教育の種類は?無料でも学習できる!

英語教育を子どもにさせるにあたり、5つの方法をご紹介します。無料でも学習できる方法もありますので参考にしてみてください。

・英語教室に通う…最もメジャーな英語教育の1つだと言えます。幼少期から通うことで、外国人講師にも自然な流れで馴染めます。

・オンライン英会話…最近では幼児から受講できるオンライン英会話も増えてきています。対面ではないので、幼児の場合は親と一緒に学習するという方法が多いですが、外出しにくい現在、どんな状況でも英語を勉強できますし、英語教室に通うよりも格安という大きなメリットがあります。

・英語教材…ベネッセなどの大手から幼児向けの英語教材が多数発売されています。可愛いキャラクターの英語教材は特に子どもに好まれます。教材の中には定期的にイベントが開かれているものもあります。

・YOUTUBEで英語の聞き流し…実際に英語教室の講師もおすすめしている方法です。英語に慣れ、英語耳を育むにはたくさんの時間英語に触れる必要があります。子ども向け英語チャンネルが多数あるのでご自分の子どもが好みのチャンネルを探してみてください。

・ディズニーを英語で観る…ディズニー映画は、会話も比較的ゆっくり喋っていおり、正しい文法・美しい発音で話しているので、子どもに英語を聞かせるのに最高の教材になります。

早期から英語教育を受けた子どもはどう育つ?

早期から英語教育を受けた子どもは、英語を学ぶということに抵抗がありません。「多様性」の重視が高まる中で、自然と外国の文化を学び柔軟な発想が生まれます。

ペラペラと英語を喋ることが出来なくても外国人とコミュニケーションを図ることができるという自信や、世界に目を向ける力も育っていきます。


そして何より「英語ができない」よりも「英語ができる」という自信がつくことで、意欲的な子どもになり、チャレンジする力が身に付きます。英語を通して、間接的に色々なことがプラスに働いていくのです。

最後に

グローバル化が加速する中で、英語教育は最も大切な教育の1つです。早めから学習することで英語への抵抗感をなくし、英語への自信がつくことは子どもの人格形成においても非常重要な1つとなります。

今回ご紹介した

・英語教室

・オンライン英会話

・英語教材の購入

・YOUTUBEの聞き流し

・ディズニー映画を英語で観る

の5つの勉強法は、子どもの英語力を身に着けるために有効な手段です。ぜひご家庭にあった学習方法を見つけて実践してみてください。