未分類

子供にはどんな日焼け止めがいいの?選ぶポイント3選

子供にはどんな日焼け止めがいいの?選ぶポイント3選

夏になり、日焼けが気になる時期になってきますね。自分の日焼けも気になりますが、我が子のお肌は問題ないでしょうか?小さいの頃に日焼けをすると大人になってからシミやソバカス、肌荒れに繋がります。

 

我が子にも、今のうちに日焼け対策をしたいなと思っている方も多いのではないかと思います。しかし、子供の肌はデリケートなので大人と同じものと同じものを使わせていいのか心配ですよね。どのようなものを選んだらいいのか悩んでいるというママさんも多いと思います。

 

そんな我が子の日焼けが気になるママさんのために、子供向けの日焼け止めを購入するポイントを紹介します。

 

子供用の日焼け止めは何歳から使えるの?大人用との違いは?

 

日焼けは良くないから日焼け止めを塗らせたいけど、赤ちゃんの肌に塗ってもいいのか心配ですよね。赤くなったり、ヒリヒリして痛がってしまってはいけません。

 

生後3ヵ月未満の小さいお子さんは肌が特にデリケートなので、市販品を塗るのは控えましょう。それまでは長袖の服や帽子を着せたり、ベビーカーに日よけカバーをつけるなどしましょう。

 

また、一般的に「子供用日焼け止め」として売られている商品は、SPF値がそれほど高くなかったり、簡単に石鹸で落とせるように作られています。子供の肌はデリケートなので肌を考慮したものが多いです。

 

子供用の日焼け止め選びは〇〇を見るべし!

 

日焼け止めは、紫外線カット効果が高いと肌への刺激が高くなります。肌の弱いお子様に塗ると、肌にヒリヒリ感や赤みが出る場合があります。

 

紫外線をカットする成分には大きく分けて2種類あります。

 

・低刺激でそれなりの紫外線カット効果の「紫外線散乱剤」

紫外線を反射し散乱させて皮膚を守ります。紫外線を直接反射させるので、肌への負担は少ないです。

 

・刺激が強く、紫外線カット効果が強い「紫外線吸収剤」

紫外線を吸収して熱に変化させて放出させます。その時にヒリヒリと感じたり赤みが出る場合があります。

 

肌の弱いお子様に対しては「紫外線吸収剤」がないものをオススメします。そのような商品には吸収剤不使用やノンケミカルなどの表記がされています。

 

その中でも特に、ウォータプルーフ品質の日焼け止めだと、汗で落ちにくいというメリットもあります。

 

その他に気を付けるべき点としては、アレルギー物質不要かどうかです。

 

子供に日焼け止めを塗る際に気を付ける5つのポイント

 

自分で日焼け止めを日々使っているかもしれませんが、お子さんの肌はデリケートなので同じように塗っていいのか分かりませんよね。逆に、ちゃんと塗ったつもりでも日焼けさせてしまったこともある方もいるのではないかと思います。

 

今回、まだ自分で塗れない赤ちゃんや小さいお子さんの向けに紹介します。

 

①容器を振りましょう

 

これは大人用の日焼け止めにも言えることですが、容器の底に紫外線カット成分が沈殿しているので振っ、適量手のひらに出しましょう。

 

②日焼け止めを適量手の平に取り、両手で馴染ませてから塗りましょう。

 

小さいお子さんの肌はデリケートなので、一度手に馴染ませてから塗ることをオススメします。

 

大人の場合、直接肌にのせてから伸ばした方が効果は出ますが、赤ちゃんや小さなお子様にはオススメできません。なぜなら肌がとてもデリケートだからです。くれぐれも大人と同じやり方で子供に塗らせないようにしましょう。

 

③口や目の周りは避けるようにしましょう

 

人に塗る際に注意したいこととして、口や目に日焼け止めが入ってしまわないようにすることです。また、日差しが強い時は重ね塗りをしてあげましょう。

 

また、日差しが強い時は、もう一度手になじませてから重ねづけしましょう。

 

④塗り残してない?注意すべき箇所

 

・髪の毛の生え際

・耳の後ろ

・小鼻のわき

・首の後ろ

・手足の甲

・ひざや肘周り

・顎の下

 

これらの箇所は特に塗り残しがちな場所なので、注意して塗るようにしましょう。

 

⑤効果を持続させるためには塗りなおしが必要

 

汗をかくと日焼け止めが落ちてしまいます。特に子供向けのものは低刺激な分、効果が長く持続しなかったり、汗で落ちやすかったりします。

 

汗をかいてタオルで拭いた後には、塗りなおしましょう。また、2~3時間に1回塗り直すとよいです!

 

まとめ

市販品は生後3ヵ月以上から使用可能ということがわかりましたね。選ぶポイントとしては、「吸収剤不使用」や「ノンケミカル」という記載があれば問題ありません。

 

子供に日焼け止めを塗らせるときに気を付けるポイントとしては、容器を振る、手に馴染ませてから塗る、口や目の周りは避ける、塗り残しのないように気を付けるなどがあります。また、効果を持続させるためには、2~3時間に1回の塗り直しが必要です。

 

これでお子さんの日焼け対策はばっちりですね!子供も大人も日焼け対策は継続させることが大切です!親子で日焼け対策をして美しく、健康的でいましょう!