未分類

幼児教育って必要なの?早期教育との違いや身につく力・実践するうえでの注意点

幼児教育って必要なの?早期教育との違いや身につく力・実践するうえでの注意点

 

近頃よく耳にするようになった「幼児教育」という言葉ですが、どんなイメージをお持ちですか?頭が柔らかい小さいうちから、いろんな勉強をさせること。スポーツや芸術などなにか特別な能力を伸ばすこと。じつは違います。

 

幼児教育における幼児期に身に着けておきたい力とは、秀でた知能や身体的芸術的なスキルではないのです。今回は、幼児教育が必要といわれるようになった背景や目的をご紹介したいと思います。幼児教育を通して身につけたい力や、実践するうえでの注意点もぜひご参考くださいね。

【幼児教育の必要性】早期教育との違いと目的

「幼児教育」と似たような言葉に、「早期教育」がありますね。幼児教育は6歳までの未就学児が対象の教育であるのに対して、早期教育は一般的な年齢よりも早く始める教育という違いがあります。

 

また、それぞれの目的も大きく異なります。早期教育では、知育系や芸術系、運動系など特定の知識とスキルを身に着けることを目的としています。たとえば、英語やピアノ、水泳など、何かしらの能力が突出している子に育つわけです。

 

いっぽう、幼児教育では、幼児が生活するなかで子供が持っている可能性を最大限に引き出すことを目的としています。成長が著しい幼児期に、身体的な能力や言語力、社会性などを身に着けることで、小学生以降に必要な学習の基礎がつくられると言われているからです。また、人格形成や得意分野を発見することにも繫がるようですよ。

 

では、近年なぜ幼児教育が注目されるようになったのでしょうか?文部科学省によると、幼児教育の範囲を次のように定義しています。

 

「幼児とは,小学校就学前の者を意味する。

幼児教育とは,幼児に対する教育を意味し,幼児が生活するすべての場において行われる教育を総称したものである。具体的には,幼稚園における教育,保育所等における教育,家庭における教育,地域社会における教育を含み得る,広がりを持った概念としてとらえられる。」

 

しかし、近年の核家族化による家庭教育力の低下や、地域社会性が希薄なことによって、子どもの育ちの現状において、次のように続きます。

 

「近年の幼児の育ちについては,基本的な生活習慣や態度が身に付いていない,他者とのかかわりが苦手である,自制心や耐性,規範意識が十分に育っていない,運動能力が低下しているなどの課題が指摘されている。

また,小学校1年生などの教室において,学習に集中できない,教員の話が聞けずに授業が成立しないなど学級がうまく機能しない状況が見られる。

加えて,近年の子どもたちは,多くの情報に囲まれた環境にいるため,世の中についての知識は増えているものの,その知識は断片的で受け身的なものが多く,学びに対する意欲や関心が低いとの指摘がある。」

 

【抜粋:文部科学省「子どもを取り巻く環境の変化を踏まえた今後の幼児教育の方向性」】

https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/04102701/002.htm

 

つまり、幼稚園や保育所での幼児教育だけでは十分ではないと考えられるようになったのではないでしょうか。

幼児教育で勉強をさせる必要はあるの?

幼児教育を行うことで、学習の基礎が作られます。この学習の基礎を身に着けるために、就学前に先取りして勉強をさせている人も多いようです。たしかに、小学校1年生の1学期に習う平仮名や、10までの足し算をすでに知っていれば、最初から授業についていけず困ることは少ないでしょう。

 

しかし、幼児教育の目指すところは、「勉強ができる」ことではなくて、「主体的にどう取り組むか」なのです。目の前のことに興味を持ち、疑問に思う、そして考えて答えを出す、といった一連の思考プロセスが大切だと言われています。これは、幼稚園や保育所での遊びや、家庭での普段の生活から学んでいくとされています。

 

じっさいに、体系化されている幼児教育のほとんどは机で勉強するものは少ないんですよ。有名なものをご紹介しますね。

 

①モンテッソーリ教育

子供の自己教育力(自ら学び自立する力)があることを前提に、教育者はその力を引き出すために環境や用具を整える方法。子供は自分で選択し学ぶ自主性が引き出される。

 

②シュタイナー教育

0歳〜21歳までを3つのステージに分け、段階ごとに重視するものは異なりますが、幼児期に大切なのは手足をいっぱい動かして、健康な身体を作ることが大切と考えます。最終的に自らの意思によって行動できることを目的としています。

 

③ヨコミネ式教育法

「自ら考え、自ら判断し、自ら行動・実践する」を目的として、学ぶ力と体の力、そして心の力を身につけます。幼児期特有の好奇心や欲求をうまくヤル気スイッチに活かした方法。

幼児教育を実践する前に必要なこととは?

幼児教育に興味がある家庭も多いですが、実践する前に注意することもあります。

 

子供って、毎日いつでも何かに夢中ですよね?幼稚園や保育園でも、いろんな友達といろんな遊びを通して、日々成長しています。何に興味があって、何が好きなのか嫌いなのか、子供自身が一番よく知っているはずです。案外、親は気づいていないことも少なくありません。本来、子供は主体性をもって行動しているのです。

 

また、幼児教育におすすめの教室や通信教育もあるようですが、始めることで子供の時間的・精神的な負担にならないか見極めが必要です。

まとめ

幼児教育とは、学習の基礎を作るためのものです。しかし、ここで言う「学習」とは、算数や英語といったお勉強ではありません。小学校以降も生涯に渡って学び続けることによって、ひとりの人間として生き抜く力を身に着けるための学習です。

 

そして、生き抜く力というのは、自分の頭で考えて判断し、行動する力です。近年、幼児教育が必要だと言われるようになりましたが、特別なことをせず、もう少し子供の主体性に目を向けてみてはいかがでしょうか。私たち親が、その主体性をどんどん伸ばしていくことができるはずです。