育児

悩めるパパ必見!パパ見知りは何が原因?子育てとスキンシップが解決してくれる⁉

悩めるパパ必見!パパ見知りは何が原因?子育てとスキンシップが解決してくれる⁉

抱っこやお世話をしようとして顔を見せると泣いちゃう…。いつも一緒にいるはずなのに、どうして泣いてしまうのか…と感じる瞬間ありませんか?

 

「パパ見知り」

 

世の中のパパの頭を悩ませる問題です。かわいい子供に泣かれるのはいやですから、まずは原因を探っていきましょう!ある日突然始まるパパ見知りですが、原因を知れば必ず解決策も出てきますよ。

 

知っておくと慌てない!パパ見知りの原因と始まる時期とは?

人見知りと言うのは赤ちゃんの成長段階で必要な過程です。生後3ヶ月ほどでその過程

はやってきます。それは記憶や認知する力がつき、人を判別できるようになるからです。知らない人や普段あまり接しない人はもちろんですが、パパと言う存在にも反応がおきます。

 

パパはお仕事で留守の時間が長くて、「夜は寝てから帰宅するから朝しか顔を合わせない」というパパも少なくないですよね。

 

短時間で少ない回数しか会えないと言うのは大きな原因です。赤ちゃんにとっては「よく知らない人」という認識になってしまいます。

 

例えパパがお家に居ても、ママばかりがお世話をしていたら「ママが安心!」という気持ちになってしまいます。そうすると、いざお世話をしようとすると泣いてしまうことがあるります。ということは、パパは積極的にお世話をする必要がありますね!

 

パパ見知りを解消するための対策3つの方法!積極的なパパの行動が秘訣ってほんと?

時間が解決!なんて思っている方も多いですが、実はある3つのステップを踏めば解消するんです。子育て中は多くの悩みもありますが、パパが積極的に行動すればママの助けにもなります。

①スキンシップの時間を増やす!

「抱っする」「一緒に遊ぶ」というのはとても大切なことです。赤ちゃんが起きている間は、積極的に一緒に遊んだり抱っこして、できるだけ多く話しかけましょう。

 

さらにパパだけがする遊びをしてあげるのも良いでしょう。「高い高い」など運動系はパパと一緒にしてあげて、スキンシップをとると良いですね。

②おむつ替えやミルクを積極的に!

赤ちゃんのお世話のほとんどをママがしていませんか?パパはできるだけ、おむつ替えはもちろん、ミルクもパパからあげましょう!離乳食が始まっていれば、離乳食もパパからあげると、ママの負担も軽くなって一石二鳥です!

 

お風呂もパパと入れば、スキンシップが深められますよね。

③めげずにとにかく何度も!

パパ見知りに1度なってしまったら、1度のスキンシップで改善できるものではありません。どんなに泣かれてしまっても、スキンシップを取ろうとすることが大切です!めげずに何度もトライしてくださいね。

 

子育て中に夫婦の仲も深めよう!夫婦円満が子育てのこつ!

「パパ見知り」で悩む多くの方に共通して言えるのが「夫婦仲」です。実際、夫婦の会話や、夫婦だけで過ごす時間は作れていますか?

 

パパとママはコミュニケーションを深めるのはパパ見知りの解決法の1つです。そしてパパはママに日々のお世話の仕方を教えてもらって、積極的にお世話をがんばりましょう!そうすれば自然と赤ちゃんとのスキンシップが増えますよね。

 

ママは面倒がらずに、色々パパに教えてたくさん手伝ってもらいましょう。そこで自然に夫婦の会話が増えるので、夫婦仲が深まりますよね。赤ちゃんのパパ見知りがなくなれば、パパと赤ちゃんが遊んでいる間に、他のことができるようになりますよ!

 

まとめ

人見知り時期に長時間会えないのは仕方ない!だけど解消しなければならないもの。ある日突然「抱っこしたら泣いた!」というときにショックを受けないためにも、積極的にスキンシップを取りましょう。そして夫婦のコミュニケーションを多くとってくださいね。

 

赤ちゃんはとても敏感ですので普段から一緒に居られるように時間をうまく活用して、楽しい時間を過ごしてくださいね。