育児

子育てサロンはママと子供の憩いの場!!参加方法やトラブルも解説

子育てサロンはママと子供の憩いの場!!参加方法やトラブルも解説

 

家の中で子供と遊んでいると「家事が気になる」「子供にきちんと向き合えていない」と感じることはありませんか?また、発達に沿った遊び方がわからず、悩むママもいるかと思います。

 

子育てサロンは「ママと子供の憩いの場」として、市町村または各地域に創設されています。子供が自由に遊べて、ママも自然と遊びに参加できる工夫もあり、とても人気です。また、ママ達のつながりは気分転換になるし、子供たちも刺激をもらえます。育児相談や、イベントもたくさんありますよ。

 

ここでは、子育てサロンへの参加やママが注意することを解説しています。子育てサロンを知って不安をなくしていきましょう!

 

子育てサロンはどんなところ?参加方法や遊ぶ内容をご紹介

子育てサロンとは「子供の育児や健康相談、情報交換を支援する場」です。各地域や施設によって「子育て支援センター」または「子育て広場」など呼び方はさまざま。

 

子育てサロンは子供が好きに遊べる場所です。ママも家事を気にせず遊べて、自然と子供に向き合う時間が作れるのです。子育てサロンは、自己嫌悪になるママを手助けしてくれますよ。

 

子育てサロンではイベントや講座も開催しています。

・夏祭りや七夕、クリスマスなどの季節のイベント

・離乳食講座

・新米ママ限定の交流会

・健康相談

・子供服やおもちゃのバザー

・ベビーマッサージ

・リトミック

健康相談では、食事や夜泣きなどの相談ができますし、身体測定も行ってくれます。イベントは基本無料で参加できるので、子供やママに人気です。また、同年代の子供がいるママとの会話をきっかけに、ママ友を作ることもできますよ。

 

対象年齢は施設によって違いますが、主に2パターンあります。

・0歳から幼稚園就学前まで

・0歳から小学校就学前まで

通常、子育てサロンと同じ地域に住んでいる親子が対象ですが、里帰り出産の人も利用できる場合があります。初めて利用する場合は、事前に電話で問い合わせたり、HPを確認しておくといいですよ。

 

子育てサロンのよくあるトラブルとは?ママが気を付けること

子育てサロンを調べると「トラブルがあって利用しない」「子供がケガをした」と心配になる内容を目にすることがあります。

 

実際、子育てサロンでもトラブルが起こることはあります。そんな時、ママが気を付けることは「子供から目を離さない」ことです。子供から目を離していると何かあった時、状況がわからずトラブルに発展する恐れがあります。

 

子育てサロンで起きる子ども同士のトラブルは、主に2つあります。

・おもちゃの取り合い

・相手の子供を叩いてしまう

 

ですが、子育てサロンに来ているほとんどが0歳~3歳くらいの小さい子供です。また「子ども同士のおもちゃの取り合い」や「手が出てしまう」ことはよくあります。これは成長過程で誰もが通る道なのです。

 

子供がおもちゃの取り合いや相手を叩いてしまい、声かけに困った経験があるママも多いと思います。子育てサロンでは保育士の先生やボランティアの方が常にいるので、相談やアドバイスもしてくれます。

 

子育てサロンにはいろいろな親子が集まります。ママは子供から目を離さないように気を付けながら、楽しんでくださいね。

 

まとめ

子育てサロンは、子供とママが家族以外の人達とつながりが持てる場所です。季節のイベントやママ向けの講座もあり、悩みや不安も相談できます。子育てサロンには、子ども同士のトラブルもあります。遊びに行く時は、ママが子供から目を離さないよう気を付けましょうね。

 

ママや子供が気分転換や刺激を受けようと思うと、家の中だけでは大変です。子育てサロンに行けば、ママも家事を気にせず子供と向き合う時間が作れます。同じ地域の子育てサロンなら誰でも参加できるので、気分をリフレッシュしたり、ママ友を作ってみたりしませんか。