未分類

共働きでも大丈夫!子育てと仕事を両立するコツ

共働きでも大丈夫!子育てと仕事を両立するコツ

近年、共働きの夫婦はとても増えてきています。

 

仕事をして、子育てもして、家事もする。夫の帰宅時間が遅く、ほぼワンオペで毎日へとへと…なんてママも多いと思います。

 

実際の共働き夫婦の抱える悩みや問題点を知り、毎日笑って過ごすためにはどうすればいいのか対策を立てましょう!

 

共働きのメリット

世帯収入が増える

収入が増えるということが1番のメリットです。

 

しかし、収入が増えることで家計の管理が甘くなってしまうことが多いので、しっかり管理することが大切です。

 

将来もらえる年金が増える

妻も働きながら年金保険料を納めることで、受給できる金額が多くなります。

 

節税になる

夫1人で1,000万円の収入がある場合と、夫500万円・妻500万円では所得税が全く違います。

 

同じ世帯収入1,000万円でも共働きの方が、手取りの金額が増えますよ。

 

共働きママの悩みは尽きない! 

共働きで子育て中のママ達は多くの悩みを抱えています。

 

どのような悩みを抱えている人が多いのか調べてみました。

 

家事育児の負担が偏っている

共働きのはずなのに家事や育児など、妻が負担している割合が多いのが現状のようです。

 

実際の調査で日本は先進国の中でも、妻が家事や育児に費やす時間が圧倒的に長いことがわかっています。

 

ワンオペ育児はつらい

夫が激務で帰宅時間が遅い場合や単身赴任でいない場合などは、ワンオペで家事・育児をこなさなくてはなりません。

 

男性の考え方も変わってきていますが、「家事・育児は女性の仕事」と考えている人もまだいます。

 

1番つらいのは夫婦そろって家にいるはずなのに、ワンオペで家事・育児をしている時ですね。

 

自分の時間がない

朝起きてから寝るまでずっと家事育児・仕事に追われていると、自分だけで過ごす時間はほとんど取れません。

 

子供が寝てからが1人で好きな事をできる唯一の時間だとは思いますが、睡眠不足はよくありません。ほどほどにしましょうね。

 

子育てと仕事を両立するための対策

共働きで子育て・家事をこなすためにはしっかりと対策を立てることが必要です。

 

家事を分担する

 

やらなければならない家事をすべて書き出して、分担していきましょう。

 

普段から家事をほとんどやっていない夫は、その数の多さに驚くはずです。

 

分担した後はそれぞれ責任感を持つことが大切です。

 

そのためにも、相手の家事に気になる点があっても、あまり口を出さないようにしましょうね。

 

家事を減らす

食洗器、掃除ロボットなど家事を減らすことができる道具の導入を検討するのも良いと思います。

 

その家事に使っていた時間で子供と遊ぶなど有意義な時間の使い方ができると良いですね。

 

外注する

仕事の繁栄期など、手が回らなくなってしまう時は外注してしまいましょう!

 

子供の送迎はファミリーサポート、家事は家事代行サービスなど利用できるものはたくさんあります。

 

事前に登録が必要なものもあるので、余裕があるに利用したいサービスを調べて登録しておきましょう。

まとめ

共働きで子育てをしている夫婦は増えてきています。

 

1番のメリットは世帯収入が増えることです。

 

しかし、共働きの場合夫の協力は不可欠です。

 

しっかり家事を分担して、それぞれ責任感を持つことが大切です。

 

食洗器、掃除ロボットなどを導入して家事に使う時間を減らすようにしましょう。

 

ファミリーサポート、家事代行サービスなども利用しながら無理をしすぎないようにしてくださいね。