未分類

子育ての費用はどれくらい?大学卒業までにかかった費用が明らかに!

子育ての費用はどれくらい?大学卒業までにかかった費用が明らかに!

 

子育てにはお金がかかる!と聞くことは多くあります。なんとなく多額の費用がかかるのは分かるけど、でも実際はどれくらいかかるの?と疑問ですよね。

 

多くのサイトで大体の目安として金額が記載されていますが、結局よくわからないですよね?「多くの習い事をさせてあげたい」「小学校から私立に入れたい」「いい学校に行くために塾に行かせたい」などと考えると必ず、「そのためにはいくらかかるの?」と思うわけです。

 

では「幼稚園から大学卒業までにはいくらかかるのか?」学費や習い事など、それぞれの費用をご紹介します!

 

絶対に知っておきたい!「子育て費用」の実態とその内容とは

 

いわゆる「教育費」は学校や塾・習い事などの費用で、「養育費」は医療費・衣食などの教育のほかに子供にかかる費用となります。

 

あなたは「子育て費用」をどのように考えていますか?単純に「教育費」にかかる費用と思って過ごしていると思いますが、子供にかかる「全ての費用」が子育て費用なのです。

 

産まれた瞬間から始まるおむつの費用から、旅行やおもちゃ。子供のための保険や貯蓄も子育て費用になります。しかし実際は子供だけの費用として分けないので、管理がとても難しいです。

 

養育費は日々の生活費として出ているものが多いので、生活スタイルの中できちんと把握しておくと良いでしょう。

 

それよりも気になるのは教育費です!大体の目安が記載されているのによく分からないのは、「何にどれくらいかかっているか」という記載がないからです!!

 

細かい部分がわからないと、準備のしようがないですよね?では実際に教育費はどのような内訳になっているかを見ていきましょう。

 

子育て費用で気になる教育費!実際にどのくらいかかるの?

 

この春、大学を卒業した子供家庭のケースを、参考としてご紹介します!

 

まずは大学卒業までに学校にかかる費用です。

私立幼稚園3年  約164万円(うち入学金・制服など約15万円)

・公立小学校6年  約80万円

・私立中学校3年  約280万円(うち入学金・制服など35万円)

・私立高校 3年  約280万円(うち入学金・制服など35万円)

・私立大学理系4年 約630万円(うち入学金約30万円)

合計で、約1,434万円。

 

この他に習い事、部活や塾の費用が加わります。

 

習い事に関しては多くの子供が通うスイミングや英会話などで、月約5千円~1万円と言われています。習い事にかける費用は「月〇〇円まで」などと予算を決めるのも良いでしょう。

 

大手学習塾では学年にもよりますが、年間で約100万円かかると言われています。学年が上がれば金額も上がります。私立と公立のどちらに通うか?など早めに計画を立てましょう。

 

部活は活動によって前後があります。運動部など、道具や合宿費などが発生する部活は年間約30万円くらいかかります。保護者の引率が必要な場合もあるので、少し多めに用意しておくことが必要です。

 

さらに特例ですが、「夏休み短期語学留学」などに平均で約60万円。また、地方の大学に通うとなると、仕送りが発生します。家賃や物価によりますが、月約7〜10万円を目安で必要となるようです。このような出費も念頭に置いておくと良いですね。

 

今すぐ考えておきたい子育ての費用!教育費の資金確保と方法について

 

日々の生活のなかで、これだけの資金確保は本当に大変なことです。ではどうやって確保してきたのか?という疑問にお答えします。

 

①定期積立の活用

まずは定期積立をしました。利息はあまりよくありませんが、預貯金から自動天引きや集金に来てもらうこともできるので、確実に貯金できます。

 

②生命保険の活用

ファイナンシャルプランナーに相談し、保険の返戻金をうまく活用しました。解約後は次のプランに向けて新たに加入しました。

 

③日本政策金融公庫(国の教育ローン)

授業料はもちろん、教科書・通学定期・仕送り費の借入ができます。金利が低くて就学中は無利子返済もできるので、家計への負担を抑えられます。

 

④奨学金(日本学生支援機構)

子供本人の返済となりますが、在学中の分は無利子で、返済の負担を少なくすることができます。

 

上記以外には、児童手当は貯めておく。NISAを活用する。などの方法もとりました。入学の時にまとまった金額が必要になるので、その歳を目途に貯蓄しておくと良いでしょう。

 

まとめ

 

子育てもそのための資金も長期になります。しっかりとシュミレーションをして計画を立て、定期的に見直しながら進めていきましょう。そして貯金した資金で教育費を全て出せるように、早くから貯金を始めましょう。

 

子育て費用を準備できたら、お金の心配が無く生活を楽しめますよ。子供の成長を楽しむためにも、コツコツがんばっていきましょう!