育児

子育ての悩みを相談できる人がいない…気持ちを楽にする方法

子育ての悩みを相談できる人がいない…気持ちを楽にする方法

 

子供は可愛いけど、子育てに悩みは尽きませんよね。

 

身近に気軽に相談できる人がいなくて1人で悩んでしまっているママも多いです。

 

「このやり方で合っているのかな?」「他のママ達は楽しそうに子育てしているのに自分はできていない…」と落ち込んでしまうこともあると思います。

 

そんな時に自分の気持ちを軽くする方法を知っておくことで、子育てを楽しめるようになるかもしれませんよ。

 

頑張っている自分を認めてあげよう

子育て中のママ達は頑張りすぎている場合が多いです!

 

子育ては周りの人のサポートが必要で、1人で抱え込めるようなものではなく、できない事は当然です。

 

子供たちのためにと100点を目指さなければならない!と自分を追いつめていませんか?60点を目指すくらいで大丈夫ですよ。

 

出来なかったことばかりに目をつけるのではなく、出来たことを見つけて自分を褒めてあげる事を心がけましょう。

 

「イヤイヤ期で大変だけど公園に行った」「仕事で疲れていたけど夕食を作った」「寝る前に絵本を読んだ」など当たり前じゃない?と思ってしまうようなことでいいんです。

 

まずは、毎日子育てに奮闘している自分を認めて褒めてあげましょう。

 

気持ちを軽くする方法

自然に触れる

近くの公園の緑や海などの自然と触れることでストレスが軽減されることがわかっているそうです。

 

子供たちと一緒に散歩をしてみたり、お弁当を持ってピクニックしてみたりするのも良いですね。

 

いつもはごはんを食べてくれない子も、おかずをお弁当箱に詰めて公園でレジャーシートを広げると良く食べてくれることもあります。

 

たくさん食べて、たくさん遊ぶと夜もぐっすり寝てくれますよ。

 

1人の時間を作る

 

パートナーや親など身近な人に頼みにくい時は、一時保育を利用しましょう。

 

1人で買い物をしたり、カフェでゆっくりお茶したり、普段できないことを思いっきり楽しんでくださいね。

 

昔の写真や動画を見返す

産まれたばかりの赤ちゃんの時、おしゃべりができるようになったばかりの時など今より小さい時の写真や動画を見返してみてください。

 

普段はつい子供たちの出来ないこと、困ってしまうことばかりに目が行ってしまいますよね。

 

小さくて何もできなかったのに、今はこんなにできることが増えている!と成長に改めて気づけますよ。

 

子育てに困った時はすぐに相談しよう

家族や友人などの身近な人には理解してもらえないかもしれないと相談しにくいこともあると思います。

 

否定されてしまったり、怒られてしまったりと逆に悩んでしまうことも少なくありません。

 

そんな時は身近な人ではなく、地域の保健師さんや育児支援センターのスタッフの方などに話してみるのもおすすめです。

 

自分の抱えている悩みを人に話すだけでも冷静に判断できるようになり、いい選択をしやすくなると言われています。

 

直接会って話すのは緊張してしまう人は電話相談やサイトに書き込むのも良いかもしれません。

 

365日24時間OK!という電話相談窓口を設置している自治体もたくさんあります。住んでいる町の相談窓口を調べててぜひ活用してくださいね。

 

まとめ

子供たちはママの笑顔が大好きです。

 

子育ては悩みや不安が尽きることはありません。頑張りすぎて余裕がなくなってしまう前に、悩みを相談できる場所や人をみつけましょう。

 

悩むことは悪いことばかりではありません。子供たちのためにと悩んだ時間はきっと前に進むための力になってくれるはずです。

 

自分は充分頑張っているということをしっかり認めてあげて、子供たちと毎日楽しい時間を過ごせるようにしてくださいね。